2008年3月28日金曜日

いきなり参戦!発表会!!

この前の土曜日、劇団に復帰してまいりました。
…いえ、劇団といっても、ちっちゃな町の劇団、といった感じで、地元の小学生からおとなまで、いろんなひとがあつまって、わいわいやってるわけなんですが。
「おはよ−ございまーす!!」と、1年ぶりに入っていったら、なんと!
稽古場が、ガラ空き…
今、進級・進学ラッシュで、受験やらクラブやらのために、休団中のメンバーがかなり多いんです。
ええぇ〜?!さみしーーーーーい!!

しかし、おどろきは、これだけではなかった!

「SAORIちゃん、明日発表会あるんだけど、出られる?ぴったりの役だから!」
「ええええぇぇぇ〜〜〜?!?!あした、ですか?!」

聞けば、稽古場にさせてもらっている児童館のイベントで、今度の公演の台本の一部を、ショートストーリーとしてやることになっていて、
でも、出演するはずだったメンバーがひとり、急に出られなくなったとか。
小さいとはいえ、舞台は舞台!
ひーひー言いながら、一晩で、死ぬ気で台本を覚えました・・・。
話の舞台は、とある小さな国の兵役学校。
訓練をしている…はずなのに、どたばたのコメディータッチ!のシーンで、
わたしは、超ハイテンションなムードメーカーの兵士の役でした。
はじめての、大阪弁のセリフ!
しかもわたし、ふだんそんな人じゃないのに!(むしろ正反対・・・)
でも、「ふだんとちがう自分」になれるのも、演劇の醍醐味♪
はげしく!つっこみ飛ばしてきました。
ギャグシーンって、お客さんが、笑ってくれたら最高にうれしいけれど、万が一うけなかったら、この上なくサミシイ…いってみれば、ハイリスク・ハイリターンなところ。
実際、間のとりかたがすごく難しかったです。
はたして、うけて…いたんだろうか?
なんだか、始まったら、舞台の上のものごとしか、見えてませんでした。
だから、うけたかどうかは、よくわからなかったけれど、
一年ぶりに、無心になれました。

…よかった。

短い時間で、ほんとにどうしようかと思ったけど、
もともとシーン自体が10分もないぐらいだったし、セリフも、動きと連動させやすいものだったから、それでかなり救われました。
…はい、走ったり、ひっくりがえったり、まさに「どたばた」動き回ってましたよ。
次の日、体重はかったら、3キロ弱!!減ってました。

今回使った台本は、遊んで、あそんで、笑って、わらって、そしてさいごにぐっっ、と切ない…そんな冒険物語。
ああ、早く全編通してやりたいな…
しかし!問題は、やっぱり、

人手。。。。。。

人手がないと、演目が変わっちゃうかも?!
ピ〜ンチ!!
まぁ、どんな本でも、本気でやれば好きになっちゃうだろうし、
いままでにやった、大好きな台本をもう一度…!という案もきいてるんですけどね。

2008年3月27日木曜日

さくら・ちらほら…


うちの近所でも、さくらが、ちらほら咲き出しました・・・

遠くから見ると、枝が、ほうっ・・・と、
ももいろのかすみに包まれているようです。

習作・ステンドグラス


ステンドグラス風に、かいてみました。

時計塔と、差し込む、雨上がりの朝の光・・・

朝焼けって、まだまともに見たことがなくて、
どんなのだろう、と思いながら描いていたら、
色が・・・あそびはじめました。

もろもろの事情により、中途半端な部分しか描けません・・・
早く全部描きたい…………っ!!!

2008年3月25日火曜日

時とチューリップ


『チューリップの秘密』のモデルだったお花。
時間の経過とともにでてきた、深みのある色を、描いてみました…が。
ビロードのような、深いつやのある、赤…
「にごった色」ではなく、「深い色」…。
なかなか、むずかしいです。

2008年3月21日金曜日

りんごの木かげで


『森の戦士ボノロン』が、だいすきです。
全国のセブンイレブンで配布されている、フリーペーパーの絵本です。
2ヶ月に1回、新しいおはなしが配布されるのですが、
わたしは、前回(12月号)と、そして今配布されている2月号が、特に気に入っています。
なぜかといいますと、
こころあたたまる、すてきなストーリーはもちろんのこと・・・

絵のなかに描かれた「親たち」が、美しいんです!2号続けて!!

いや、ぱっと見て絵柄がきれいなのは、もちろんそうなんですが、
それだけじゃなく、「親たち」の姿全体から、こう、親子愛がにじみだしているようで……。
12月号の終わりの2つ前の見開き、ここの、幼い息子・テンテンをだきしめるお母さんなんてもう、聖母さまのようです……!
2月号では、3つめと4つめの見開きに、病気の少女・ラルのお父さんお母さんが大きく描いてあって、まずここだけで、むねがきゅうっとするくらい、感動してしまいます!
――その喜びも悲しみも、すべて、ラルへの思い…
…そんな気持ちが、伝わってくるんです!

さて。
いい作品を見ると、創作意欲がわきます!

「わたしも、こんなふうに、「美しい」親・家族を描きたい!!」

そこで浮かんできたのが、この図。
特にドラマチックな要素はなく、ほのぼのとした、日常の一こま…といった感じですが。

さあ、はたして、めざすものに、なっているのでしょうか…?!

……と、いったものの、縮小しすぎて、細部が…ああぁ。
わたぐも館本館・<わたぐもぎゃらりー>に、大きい画像を展示します。
そちらをぜひ、ごらんください♪

(引越し&リニューアルしました!新生・わたぐも館→ http://homepage3.nifty.com/watagumokan/
新作はこちらから→ http://homepage3.nifty.com/watagumokan/framepage5.html

(『森の戦士ボノロン』のHPはこちら→ http://anime.goo.ne.jp/polamelu/pc/





2008年3月20日木曜日

チューリップの秘密


赤いチューリップ

一枚だけ花びらがはなれた、そのあとを

のぞきこんでみました

なかにそっとつつまれる、花心…

なにかを秘めているようで どきっとしました

あみあみ・・・(パワーストーン用ネット)♪


ひさしぶりに、となり町の天然石ショップにいってきました♪
いわゆる、パワーストーンを見るのがすきなので。
わたしは、パワーストーンはいつも直感(!)で、オーラ(?)が出ていると思ったものをえらんでます。
今日買ってきたのは、サンストーンと、アプリコットアゲートのタンブル(握り石)。
サンストーンは自信を、アプリコットアゲートはコミュニケーション能力をくれるそうです。
身に付けていると、なんだか気持ちがおちつきます・・・。
でも、ずーっと手でにぎっているわけにはいかないので、小さいネット(網)のなかに入れて、首にさげています。

このネット、写真などではよく見るんですが、つくりかたはなかなか載ってなかったんです。
それで、今日、思い切ってみようみまねで編んでみたら・・・できました。

*SAORI流(?!)ネットの編み方!
1・30〜40センチの糸を5本用意して、全部いっしょに束ねて、真ん中で結びます。
2・となり合う糸同士を、2本ずつまとめ、それぞれ1の結び目から5〜7ミリくらい上のところで結びます。
3・2本×5たばがすべて結び終わったら、となりあう結び目から1本ずつ糸をとり、また2本ずつにまとめて、5〜7ミリ上で2本いっしょに結びます。
4・3の作業を4〜5周くりかえしたら、ネット部分は完成♪
あまった糸を切り、一番上の網目に、別に用意した糸やひも(お好きな長さで)を通して輪にすれば、首にかけられます。

なお、ネット部分の結び目は、「止め結び」を複数本いっしょにやっています。
使った糸は、ふつうの太口もめん糸。
天然石がなくても、ネットを小さめに編んで、ビー球や貝がらを入れても楽しいかもしれませんね♪






2008年3月13日木曜日

スミレのケーキ


今日、ブログめぐりをしていて、
「スミレのケーキ」なるものがあることを、はじめて知りました・・・!
スポンジケーキ、生クリーム、そしてその上に、
スミレの砂糖漬けがのっているそうです♪
う〜ん、おいしそう!
その上、風流!

・・・そういえば、スミレの砂糖漬けって、むかし読んだ絵本のなかに、描いてあった気がする・・・。
おじいさんと、子ぎつねくんが、いっしょに食べていたおやつだった気がする・・・。
なんていう名前のお話だったっけ・・・?

そんなことを思いながら、らくがき。
なぜかペンタブが使えず、やむなくマウス描きした荒い絵ですが、おゆるしを・・・。

・追記・
この記事を書き終わってから、なんていうお話だったか、しらべてみまして・・・
・・・おもいだしました!
『コンタロウのひみつのでんわ』
(安房直子・作 復刊ドットコム http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68309266)
たしか、小2くらいのとき読んでたんです。
なつかしいなぁ・・・♪



2008年3月12日水曜日

解禁!!

おわった〜〜〜!!!

じゅけんが、おわりましたーーーーーー!!!

・・・これで心置きなくあそべる♪創れる♪HP更新もできる〜♪

ということで、本日より、コメント欄、オープンします!!

荒らし対策のため、事前承認というかたちにいたしますが、
よほどのことがない限り、いただいたコメントは表示いたします♪
お気軽にどうぞ〜〜〜♪



2008年3月5日水曜日

鳥になりたい・・・?

グレーに近いベージュ。
薄いあおみどり。
モスグリーン。
こげ茶。

・・・きょうのわたしの、服のいろ。

気が付いたら、日本の野鳥みたいな色ばっかり身につけてました。
服のえらびかたは、
その日そのときどんな自分になりたいとおもっているか、を反映する・・・
と、きいたことがあるけれど。

野の鳥になりたい、のかな・・・?
きょうのわたし。



2008年3月3日月曜日

THE NAME ”SAORI”

さおり、というお名前の方は、日本全国で、どれくらいいらっしゃるんでしょうかね・・・?

わたしのすきなイラストレーターさんのなかにも、「サオリ」さんという方がいらっしゃいます。
あと、今日ブログめぐりをしていたら、またべつの「さおり」さんをお見かけしました。
古い記憶では、幼稚園のクラスメイトにも、「さおり」ちゃんがいて、
当時はけっこう仲良くしていたのを、なんとなくおぼえています。

ちなみに、国語辞典で「さおり」をひくと・・・

『1・田植え始めに、田の神を迎える儀礼。
 2・狭く織った倭文(しず)。幅の狭い布。
 3・愛知県西部、海部(あま)郡の町。木曾川の輪中集落で、
  毛織物工業が発達。芽ショウガの産地。』

・・・こんなのがでてきました。

布と関係がある、とは聞いていたんですが、上記の一つ目の意味をごく最近知って、びっくりしました〜。

日本全国の「さおり」さん、ごぞんじでした??