2009年12月23日水曜日

世界一周すごろく

小さい妹が、おすし屋さんのサービスですごろくシートをもらいました。
でも、それでいっしょにあそんだあと、「?」と思った。

「・・・短い。短すぎる!」

10分か、・・・20分とかからなかったような?
あまりにもあっけなく、あっというまに1ゲーム終わってしまったのでした。
母に言うと、「私の小さいときのすごろくも、そんなもんだったよ」とのこと。

そこで思い出したのが、はるか昔うちにあった、「世界一周すごろく」。
わりとしっかりしたボードに、世界地図が印刷してあり、
各国の主要な都市が丸で示されていて、それが線でつながっている。
その上を、コマで「旅」していくんです。

飛行機でいくルートがあったり、なぜかコインをもらったり、
カードを引いて、そこに書いてある指示どおりにする所があったり、
結構こった仕組みがあったんですが・・・
こりすぎているのと、主要都市すべてを回って帰ってくる、というので、
1ゲームにかかる時間が、かーーなーーり長かったのです。
1〜2時間はゆうにかかったような。。。
とにかく、遊びごたえのありすぎるすごろくでした。
どうやら、それが、「すごろく=長時間を要する、遊びごたえのありすぎるもの」と、
わたしのすごろく一般に対する印象を決めてしまったらしいです。

おかげで、妹が、「すごろくしよ〜♪」と言ってきたときには、
「えええええ?!こんな、忙しいときに?!」と、
はじめに激しく拒絶してしまいました。。。
許せ、妹よ!

小さいときに触れていたものが、
こんなふうに、ものの印象を決めることって、ありませんか??

2009年12月21日月曜日

年賀状

・・・まだ、書けてないです(汗
いま、図柄がやっとできてきたところです。

小学校中学年ごろから、ずっと図柄担当大臣のわたくし。
中学生ごろから、なぜかあんまりお正月っぽくない絵ばかり描いていました
まあ、ちょっと目新しい感じでいいかなぁ、と。
でも、今回は、わりと年賀状らしくなるんじゃないかと。
年賀状らしい中にも、ありそうでなかった感じ。。。なのでしょーか…?!

年賀状書きは、絵描き修行の一環でもあります。
ペイントソフトの、普段使っていないツールを、あれこれ試して、
「あーでもないこーでもない・・・ん?さっき使ったツールどれだっけ??!!」
と、あたふたしながら描いてます

*********

うわ!!
よく見たら、もう1ヶ月ぶりくらいの更新!!!

いや〜、作品集作ったら、
わたしらしくもないですが、軽い燃え尽き症候群?!みたいになってました
その上、学校のゼミ選択やらレポートやらで、落ち着かなくなってしまい。。。
アイディアはあっても、なかなか形にできませんでした
でも、冬休みにはいったら、ちょっとは描けるんじゃないかと思います♪
そのためにも、はやいとこ、レポートかたづけます!!えいえいおー!

2009年11月23日月曜日

えとう・さおり 作品集・vol.1



(↑クリックすると、大きなウィンドウでごらんいただけます♪
音楽が流れますので、音量にご注意ください。)

デジブックで、スライドショー形式の作品集をつくってみました!
HPのほうでおなじみの作品も、描きたてほやほやの新作も、
ぎゅっとつめこんでます♪
どうぞ、ごゆっくりお楽しみくださいませ・・・♪♪

ちなみに・・・
タイトルを見て、「?」と思われたかもしれませんが、
わたくし、そろそろ、作家名を名乗ってみようかと思うのです。

作家名は、「えとう・さおり」です!

いつか、出版物にイラストを掲載していただいたり、
自分で絵本を作ったりしたときには、
この名前を表示していただく予定・・・♪

あ、でも、「SAORI」という名前も、ハンドルネームとして、
引き続き使おうと思っていますので、
コメント欄で見かけたときには、またよろしくお願いいたしいますm(*^^*)m


2009年11月21日土曜日

楽書「秋の終わり」


楽書の好きな、我が妹・りっちゃんと初コラボ!
りっちゃんがさらさら〜っと書いた字をスキャンして、
SAORIがざざっと描いた絵に合成してみました♪

いやはや、りっちゃんに言われて、初めてやってみたんですが、
いつも使っているペイントソフトやスキャナで、こんなことができたとは・・・
目からうろこでした


2009年11月9日月曜日

はじめの、第一歩・・・の、前段階。

わわわぁ〜、更新が、とまりっぱなし。。。

いやいやいや、これには、深〜〜いわけがあるんですよ。

我が野望、「アートで世界をはっぴー化」計画の第一歩として!
近いうちに、初「売りこみ」、やってみようと思ってるんです!!
あるフリーペーパーの紙面のかたすみに、
『イラストレーターの持ち込み作品を、広く募集します』
というお知らせがあったのですよ。
もっとも、2×3cmくらいのちっちゃいスペースに、ちょこちょこっとかいてあったもので、
どんなお仕事になるのか、全くわからないのですが・・・
約2週間後に、その編集室に、お電話する予定!!
あああ、もう、考えただけで、心臓ばくばくです
で、編集の方にお見せする「デモ作品集」を、現在制作中なのです。
ペイントソフトやら色鉛筆やら水彩やら、あの手この手を使って、
いろんなテイストを出そうと、試行錯誤しています。
そのうち、いいものが描けたら、こちらにもアップしますね♪

そして、もうひとつ、水面下で進行している計画が・・・
これもまた、下準備が多くて、なかなか進まないのですが、
近々始めます!わたぐも館史上最大(?!)の新企画!!
どうぞお楽しみに〜〜♪
(あっ、でも、くれぐれも期待しすぎないで;)

2009年10月18日日曜日

とりあえず、復活!!

サーバーが使えなくなって、お休みしていた、<わたぐも館>本館、
とりあえず、復活しました!!

・・・と、いっても、
わたしのPCから見ると、なぜかレイアウトが崩れていたりするんですが。。。
父いわく、「ブラウザが変なんじゃないか」ということなので、
みなさまのPCなら、だいじょうぶです!・・・たぶん。

URLは、前と変わっていないので、
お気に入りやブックマークに登録していただいている皆さん、
登録情報は、そのままでお願いします♪

ほんとに、「とりあえず、復活」しただけなので、
目新しいことは特にありませんが、
「久しぶりにみてやってもいいか」というお方も、
「えっ、そんなのあったの?」というお方も、
よろしかったら、のぞいてみてくださいませ♪

入り口は、こちらです

http://homepage3.nifty.com/watagumokan/


2009年10月8日木曜日

植物画いちねんせい・6日目


今回は、ちょっと応用編です。
背景を描いてみました!
「広さ」を表現できるようになりたいのです。

すすき。
少し強い秋の風に、しゃらしゃらゆれているのを見るのが好きです。
今回はモデルがなかったのですが、ちゃんとつくりが描けているでしょうか?

青紫、赤紫、ピンクにちかい紫。
空の色って、一色に見えても、場所によってちょっとずつちがう・・・。


2009年10月7日水曜日

ペンツール「Ein」のすすめ♪


gooブログについている、「おえかきツール」。
ふと思いついたものを、ちょこちょこっと描いてUPするには、けっこう便利です♪
なかでも、わたしのお気に入り機能はペンツール・「Ein」☆
ペンツールの中の、上から5番目で、羽のようなアイコンがついています。
線の太さを変えると、タッチも変わる、楽しいペンです。

先日、「Ein」ペンのことを、コメントのお返事に書いていたら、
自分でも、太さをどう変えると、どんな線になるのか、よくわかっていない!ということに気がつきました

よ〜し、実験して、調べてみよう!
そして、より多くの人に、「Ein」の楽しさを知っていただこう!!

・・・ということで、上の図をつくりました。
実験方法は、まず、線種を「直線」にして、ペンの太さ調整窓の、選択色になっている部分を一番細くしてから、
調整窓の右側についている「↓」印を、一回クリックしては描き、一回クリックしては描き・・・というもの。
図の上から、「クリック0回目で描いた線」「一回目」「2回目」・・・(中略)「7回目」となっています。

調整窓の中の選択色の部分が、太くなったり細くなったりしても、
実際に出る線の太さは、「61」と「32」の2サイズのみです。
でも、「↓」ボタンを押していくと、こ〜んなにもタッチが変わっちゃうんですね♪

「使い方」のページには、「タッチは3種類」とあるのですが、
実験してみたところ、なぜか4種類のタッチが出てきました
わたしは、上半分のタッチを、ふわふわしたものの質感を描くときに、
下半分は、背景にニュアンスをつけたいときに使っています♪
この図では、よりサンプルを見やすくするため、直線しか描いていませんが、
フリーハンドでももちろんOK!
gooブログをお使いの皆さん、ぜひぜひ、活用してくださ〜い♪

2009年9月29日火曜日

みみずくさん


久々に、ブログについてるお絵かきツールでらくがき。
ほわほわ〜っと。

時々、ふくろうやみみずくが、わらってるみたいに目を細めている写真がありますよね
何を見てわらっているんだろう・・・?(^^)

ちなみに、みみずくは、英語で「horned owl」というそうです。
あの「みみ」は、英語圏の人には「horn=つの」に見えるのかな?


2009年9月27日日曜日

植物画いちねんせい・5日目


色違いのカーネーションです。
前回のピンク系のと、この黄色いのと、小菊(?)のセットで売られていたのです。
この黄色、薄いやまぶき色、というのか、ちょっと赤みのある黄色で、
花びらと花びらの間の影は、けっこう濃いオレンジ色に見えるんですね
その濃淡がとってもきれいなんですが、また、難しい!
花びらの陰影を、しっかり描くように、と本に書いてあるんですが、
どうやったら、この影の色を上品につけられるんだろう??
いつも試行錯誤してます

でも、下描きにかかる時間が心なしか短くなった気がします
ちょっとは慣れてきた、かな??♪


2009年9月26日土曜日

植物画いちねんせい・4日目


今日のお題は、母が買ってきたカーネーションです♪
ほんのりピンクがかった白の花びらに、
赤に近いような、濃いピンクのふちどりが入った、おしゃれな感じの花です
花のふんわり感や、くき・葉と、がくの質感の違いが、描き分けたいポイント。

緑一色に見える茎も、3〜4種類の緑を混ぜないと描けないのです
毎回そうですが、同系色の色鉛筆でも、
「青っぽい緑」や「黄色っぽい緑」という風に、色合いが違っていて、
同じ紙の上に描いてみると、それぞれの違いが歴然!
描いている途中だと、「こんなに違う色なのに、ほんとになじむの?!」
とヒヤヒヤです
それだけに、色を重ねていくうちに、す・・・っと溶け合うと、ほっとします

まだ五分咲きの状態から、すこしだけ花びらを開いたところを描こう!
と、がんばっていたわけですが、
描いているうちに、いつの間にか花びらが開いて、
完成するころには満開になっていました
花も、生きているんですね・・・

2009年9月23日水曜日

植物画いちねんせい・3日目


今日は、本物の花を見ながら描いてみました♪
玄関の鉢植えの、「ダールベルグデイジー・イエローブーケ」です。

黄色い、直径2センチくらいの花が、ふわふわこんもりとした株の中にいっぱい咲きます♪
葉っぱは、羽毛状、というのか、細くて繊細な感じ。
こういう、優しい印象のちっちゃい花、大好きなんです
よーく見ると、葉っぱと葉っぱの間から、新芽やつぼみが次々出てきてました。
花を一輪だけ見てみても、鮮やかな黄色がいかにも元気そう!
この繊細さと、元気いっぱいに咲く生命力を、表現できたらなぁ・・・と、思ったのですが。
実物大で描こうとしたら、ほんとにちっちゃくて
色鉛筆で塗ろうとすると、色がはみ出してしまい
「わああ、どうしよ、どうしよ!」とあわてふためきながら描いたら、
なんとなく頼りなげな花になってしまいました

ちなみに、本物はこんな感じ↓(「365花撰」より)
http://flower365.web.infoseek.co.jp/12/125.html
この写真では、元気いっぱいですね〜

こんど小さい花を描くときは、もっと大〜〜〜きく描きます!!

2009年9月22日火曜日

植物画いちねんせい・2日目


「どっどど どどうど どどうど どどう
青いくるみも吹きとばせ
すっぱいかりんも吹きとばせ
どっどど どどうど どどうど どどう」

これが、『風の又三郎』が吹き飛ばした、「かりん」です。
・・・なんちゃって♪

こんどは、かりんを描いてみました。
また写真をもとに描いてたんですが、葉っぱが、意外と青緑に近い色に写っていて、
描いている途中で、ぴったりした色の色鉛筆がないことに気づきました
しかたがないので、葉っぱだけ水彩に

かりんって、本物をあんまり見たことなくて、
食べてみたこともないんですが、・・・「すっぱい」のかぁ・・・
でも、かりんでジャムをつくることもあるらしいです。
どんな味なんでしょう?♪

2009年9月20日日曜日

植物画いちねんせい・1日目


コンテスト落選から、一念発起!
さらなる技術向上のため、基礎練習をはじめることにしました
そのひとつとして、植物画に挑戦!

まえから、ボタニカルアートに興味を持っていた、というのもありますが、
そもそも、植物の描き方に自信がなかったので
基礎練とはいえ、描くからには、本気で!
その模様を、これから何回かUPしていこうと思います♪

『はないろ〜色鉛筆で花を描こう〜』という本を片手に、
色鉛筆でぬりぬり〜・・・

昨日は、花の写真集に載っていた、あかむらさきのクリスマスローズに挑みました!
シックな紫の中にも、かわいい赤やクリーム色が見え隠れ♪
花びらが一枚だけ、緑がかっているのも面白い☆
ふっくらとした開き加減もキュートv
・・・と、もとの写真は、そんな感じだったのです、が・・・
描いてみたら、だいぶ雰囲気が変わっちゃいました
うーん、線も塗り方も、かなりおぼつかないような
・・・ま、まあ、「いちねんせいの一日目」ってことで、ごかんべんを。。。

この絵ではじめて、「500色の色鉛筆」というのを使ってみました
これ、500本一気に届くんじゃなくて、月一回、25本ずつ20回に分けて送られてくるんですよ。
今手元にあるのは、まだ4箱だけですが、やっぱり色数が多いと助かる〜
これで、重ね塗りの技をマスターすれば、色数無限大・・・?!?!

植物の持っている、無数の色・・・
色鉛筆を使いこなして、どんな色でも出せるようになるぞっ!
おぅ〜!!!