2017年7月22日土曜日

水と土の音。

今、ミニトマトとキュウリの苗を育てています。
苗と言っても、種をまくのが遅くて、
まだ指一本分くらいのサイズなので、
「芽」と言ったほうが正確かもしれません。
小さな植木鉢に入れて、庭に置いてあるのですが、
今日はうっかり、水やりもせずに
炎天下のコンクリートの上に出しっぱなしにしてしまいました…!
夜になってからそのことに気づき、あわててジョウロを持って庭先へ。
すっかりしおれているのでは…とヒヤヒヤしましたが…

…だいじょうぶ、
土はさすがに乾いていましたが、
キュウリもトマトも、しゃんと背筋をのばして立ってくれていました。

おお、みんな強い!
待たせてごめんね~!!

と、たっぷり水をかけると…

土が、音をたてて、水を吸い込んでいきました。
土が水を吸い込む音を、はじめて聞きました。
マグカップとそんなに変わらないくらいの、小さな鉢なのに、

「さあああ…しとしとしと…」

と、おだやかな雨が降っているような音がするのです。
その澄んだ音に混じって、こんな音も聞こえました。

「キュウプクプク、キュウプクク…」

かわいくてちょっと不思議な音。

これも、土がたてる音なのか、
それとも、もしかして…
野菜たちが水を吸う音…?!

どちらにしても、

こんな小さな鉢の中でも、
水と空気を呼吸して、生きているものがいる…

そんなことを思った夜でした。